2010年04月05日

フグの缶詰「ふく缶」発売 山口・下関(産経新聞)

 フグの水揚げ日本一を誇る山口県下関市の老舗水産加工会社「マル幸商事」が、地元の新名物にしようと、フグの缶詰「ふく缶」を発売した。

 クジラの大和煮缶の経験を生かした自信作。シロサバフグをカツオとコンブだしで煮付け、上品な味に仕上げた。フグ缶の商品化は業界初という。

 1缶に2匹分のぶつ切りが入り、500円前後で販売。「フグ本来の味を損なわず、日持ちもするため土産に最適」と同社。“当たる”こと間違いなし?

【関連記事】
世界で初めてハマチ養殖に成功した野網和三郎記念室を開設 香川県水産試験場
「卵巣見たこともないのに無毒と…」フグ中毒で飲食店主に禁固10月求刑 山形
宮家への「献上ふく」 調理風景を公開
下関市で「ふくの日」祈願祭
トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

ネットカフェで節約…地方学生、苦肉の就活拠点(読売新聞)
<中国毒ギョーザ>家族思い、いい子だった…容疑者の両親(毎日新聞)
裁判長「誠に申し訳ない」、菅家さんに謝罪(読売新聞)
パラマウント誘致にご執心 橋下知事が怒鳴りつけた相手とは…(産経新聞)
ひき逃げで新聞配達員死亡 京都・綾部(産経新聞)
posted by ヤナギタ デン at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。